さぼりどころを考える

 

 

 

 

 

21年間生きてきて「自分がんばったなあ」

と思える出来事は2つしかない

 

 

 

中学校の部活での剣道と、大学受験

 

 

 

 

帰宅部にでも入って悠々自適な中学生活を、と思っていたけど

新入生部活紹介のときの先輩たちの型がかっこよすぎて入部を決めた

思えば安直すぎる。でも本当にかっこよかった

 

 

 

後から知ったらうちの中学の剣道部は全国大会に毎年出場するような強いところだったらしい。そりゃかっこいいわけだ。

 

 

そうこうして剣道部に入った。

上下関係はなかったけど、入部したときの3年生は校内でもグイグイ言わせてるタイプの派手な先輩が多かった。

 

 

 

先輩と顧問、同期に誘われて部活とは別の道場にも入った。

週にたった3回しかない道場での稽古が本当につらかった

つらすぎてつらすぎて、4か月に1回は仮病を使って休もうとした

合宿があろうものなら「病気になれ!」と本気で願った

健康すぎてなれなかったけど。

 

 

何度もやめようとは思ったけど

「やめます」なんて口が裂けても言えなかった。

 

 

 

 

おかげで初心者なりにかなり強くなって

夏の大会では個人で県大会までいった。

 

 

 

 

県大会を決めたとき、道場の師範代が

祝勝会を開いてくれた。

 

そのとき言われた言葉は今でも覚えている。

 

 

 

 

 

 

「お前はどうやってさぼるかを考えろ」

 

 

 

 

 

 

 

当時14歳の自分には言われた意味が分からなかったけど

あとからはてなマークでいっぱいだった顔を察したのか

どういう意味なのか教えてくれた。

 

 

 

「言われたこと全部をやることが大切な時もあるけど

考えるのをやめてしまえばそれは意味がなくなる。」

 

「どうやってさぼるか?を考えていけば必然的に自分に有利になるように考えて動くようになる。社会に出ても同じだ。考えることだけはやめるな」

 

 

 

 

かなり突き刺さった。

本当に意味がある行動なのか取捨選択して考えてから動くことがいかに重要かをその後も教えてくれた。

 

 

 

 

さぼりどころを考えることは本当に大切だと思う。

 

 

 

 

 

ただ今回のライブ前の練習はちょっとさぼりすぎちゃったな。

 

 

 

 

今日はおしまい。

 

 

 

あたらしいめんどくさい

 

 

めんどくさいことは誰しも嫌いだと思うけど

人より極力避けてきた方だと思う

 

 

ただ21年間生きてきてやっと

めんどくさいことが生み出す充実さに気が付いた気がする

 

 

1年前の6月「インターンに行くから」

固定のバイトの休み連絡がいちいちめんどうで

1年間続けてきたバイトをやめた。

 

思えば″おしゃれで楽な雑貨屋さん”が

100円ショップになったときに、そこで

働いている自分も安っぽい人間になった気がして恥ずかしいと思ったから

やめる口実にしたんだと思う

 

めんどくさがりにみえっぱりが追加されたなあ

 

 

 

 

6月にバイトをやめて、ニートになった

実際にインターンにも行ったけど、地元の1社ワンデーしか行かなかった

やめた意味だったいったい何のためにやめたんだ?

 

 

それから2か月毎日毎日家にいた

 

 

最初は自由で、楽で、なんて最高な生活って思ったけど

1週間過ぎたあたりで本当に本当につまらなくなった

生産性がない毎日と、生きているだけでかかるお金

のみにいったり、遊びに行くにはお金がいる

楽しいことにはお金がかかる。萎えた。

断ることも増えた。付き合いの悪い人間になったもんだ

 

 

8月、バイトを受けるも、初めて落ちた

忙しくないバイトを探し求めすぎた。

飲食は論外だった、結局ニート

 

 

 

9月、彼氏の誕生日があった

お金はないけど楽しませたい

バイト探し、残高から予算決め

どこを削ってどう生活して

考えすぎて鬱になりそうだった

 

 

 

結局誕生日は楽しめたし楽しませれたと思うので良し。ありがとう横浜のおじさん

 

 

 

 

9月中旬、学校から帰って最寄りの駅で

元バイト先の先輩にあった。

「お金がなくてバイト探してる」って言ったら

「戻ってくる?」って言ってくれた

 

 

 

 

戻った

 

 

 

 

戻ってきて働いて思ったことは

「めんどくさいことをするのってとんでもない充実」

だということ

 

 

お金を稼ぐのはめんどくさい

めんどくさいけどめんどくさいことって

自分の時間を費やしてやるものだから

本当に本当に充実

 

 

 

 

 

 

 

 

今は、大学のサークルの後輩と

同期の仲良しに誘われてあんなに毛嫌いしていた飲食でバイト始めた

 

 

 

充実は相変わらず半端ない

 

お金があるからできることも増えたし

新しい人と触れ合うこともすごく楽しい

 

 

 

普遍を求めすぎて

狭いコミュニティの中でずっとぐるぐるしていたんだと思った

 

 

 

社会人になるまであともう少し

それまで新しいめんどくさいをもう少し極める

 

 

 

 

 

このブログも、そのうちの1つ

きっともう少し経って見返す時がきたら

きっと楽しいんだと思う

 

 

 

 

10FEETやんなきゃなあ

 

 

 

 

 

 

 

今日はおしまい